So-net無料ブログ作成
検索選択

MERSコロナウイルス感染、サウジで新たに5人 仏では男性が死亡 [海外]



 サウジで新たに5人 ですか。なるほど、、。

 フランスで病室を共にしていた男性も、同じウイルスに感染した事の重要性を正面から見つめ直したいと感じました。

 もっと謙虚にならないとなぁ。

 男性はアラブ首長国連邦のドバイでウイルスに感染したとみられている事の大切さを認識しました。



トイレ排水管から赤ちゃんの声、新生児を救助 中国 [海外]



 トイレ排水管から赤ちゃんの声、、。驚くなぁ。

 さらに続報を知りたいと思いました。

 国営ポータルサイトhangzhou.com.cnは27日、ある警察官の話として幸運にも赤ちゃんは生存した事を調べてみたいと思いました。

 警察当局は現在も両親の行方を追っている事の今後を注視してゆく必要があると思います。



おりの中に11年、家族の苦渋の決断 中国 [海外]



 家族の苦渋の決断 、、。ほぉ、、。

 江西省当局でも、精神疾患のある家族を持つ貧困家庭に補助金を支給するなどの支援策を開始したという事の方向性を注視してゆきたいと感じました。

 もっと違うコメントも書かないとな、飽きられちゃうからな。

 地元当局職員は信息日報の取材に、男性の家庭に油や米を配給するなどの支援をしていると語った事が心配になりました。



古代エジプト遺跡に落書き、中国15歳がネットでやり玉に [海外]



 中国15歳がネットでやり玉に なのか。、んん?。

 おぉ?、そういう事か。

 落書き事件騒動の背景には、休暇を海外で過ごす中国人が増えている現状がある事には、考えさせられました。

 エジプト南部の古代遺跡ルクソール神殿のレリーフに漢字の落書きがあるのを中国人観光客が見つけ、写真を中国のマイクロブログサービス新浪微博に投稿したところ、インターネットユーザーたちが犯人狩りを開始し、名指しされた少年の両親が謝罪する騒ぎに発展した事のこれからの影響を正面から検討したいと思いました。



安倍首相に「恥を知れ」、都内で反TPPデモ [海外]



 都内で反TPPデモ って、、。なるほど、、。

 これは必見かな。とても興味深いです。

 都内で25日、政府に環太平洋連携協定交渉参加の撤回を求める集会とデモ行進が行われた事をチェックしておこうと思いました。

 都内で環太平洋連携協定交渉参加に反対するスローガンが書かれたのぼりを掲げてデモ行進する人々という事のこれからを注視してゆく必要があると思います。



カンヌ映画祭のパルム・ドッグ賞、今年は「盲目のプードル」に [海外]



 今年は「盲目のプードル」に って、、。ほぉ、、。

 仏カンヌで開催された第66回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門に出品されている『ビハインド・ザ・カンデラブラ』のフォトコールに登場したマイケル・ダグラスとマット・デイモンという事をさらに調べてみたいと思いました。

 だが、2人の恋愛関係は、嫉妬とドラッグにまみれ崩壊していくという事の影響をしっかりと受け止めたいと思いました。

 後でよく読もう、要注目。



サッカー日本代表の“勝負服”、「アルフレッド ダンヒル」で発売 [海外]



 「アルフレッド か。ふむふむ。

 大舞台に挑む“勝負服”をコンセプトにしたスーツは、全国のブティックでパターンオーダーとして発売されている事を心に留めておこうと思いました。

 アルベルト・ザッケローニ監督と選手が一堂に揃う迫力のキービジュアルも、“出発”の舞台にふさわしい空港のアーチが背景となっている事の重要性をしっかりと考えてゆきたいと思います。

 ネットの反応が気になるな。みんなどう考えているんだろうか。



米ミサイル防衛システム、技術上の疑念払拭できず [海外]



 技術上の疑念払拭できず って、、。大変だな。

 この記事は、ネットでの反響がどうだろうかと思いました。

 米国では現在、1基あたり2000万ドルの新型SM-3の開発が進められている事の意味を重く問いかけていると思いました。

 ハワイバーキングサンズビーチ のミサイル発射場から発射された分離型の模擬の中距離弾道ミサイルという事の今後の推移がどうなってゆくのかと思いました。



下肢切断者女性初のエベレスト登頂、インドの元バレーボール選手 [海外]



 下肢切断者女性初のエベレスト登頂、、。驚き。

 後で読むためのメモ。

 遠征を企画した登山会社アジアン・トレッキングの創設者アンツェリン・シェルパ氏は22日、ハイキャンプを20日午後6時に出発し、頂上には21日午前10時55分に到達したと発表した事の背景が気になりました。

 女性はインド北部ウッタルプラデシュ州のアルニマ・シンハさんという事がどうなってゆくのかと思います。



マリオン・コティヤール、カンヌに登場 [海外]



 カンヌに登場 だとか、、。要注目です。

 これからも注目してゆきたいと思います。

 フランスで開催中の第66回カンヌ国際映画祭で20日、マリオン・コティヤールをはじめ豪華出演者で話題の『ブラッド・タイズ』がコンペ外作品として上映された事を客観的に捉える事の重要性を痛感しました。

 監督は、コティヤールのパートナーでもあるフランス人俳優・監督のギョーム・カネで、キャストにはクライヴ・オーウェン、ジェームズ・カーン、ビリー・クラダップ、ゾーイ・サルダナ、ミラ・クニス、リリ・テイラーらが名を連ねている事の方向性を注視してゆく必要があると思います。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。